無垢材のベッドが好まれる理由

無垢材のベッドが品質の良さや、木材独特の特徴を備えているために好まれます。天然木を使用した自然の素材が、木そのもの特徴を生かしているからです。特に国産の無垢ベッドは、本物志向のユーザーに支持されています。気に入ったものを長く使うほど、風合いや艶など深みが出てくるところは、本物の木の特性が出ています。さらに湿気の調整、防虫効果などがありますので、生活する上で実用的であるとも言えます。木の特性が、生活環境にうまく調和しますので健康的です。使い続けることで強度が増したり、キズなどがついても修復しやすく、代々受け継がれていくことにもなり得る製品です。健康的ですので、小さい子供や年配の方にもお勧めできるベッドとなっています。また、喘息などのアレルギー体質のある方にも、安心して使用してもらえるような製品となっています。

新居のベッドとテーブルは無垢材で

わたしは今年マイホームの建築をしました。もう少しで住みはじめるので、今は新しい家具を探しているところです。タンスなどは、今まで使っていたものをそのまま使う予定ですが、ベッドやテーブル、ソファは新しく大きなものに買い替える予定です。一生使い続けていきたいので、少し高くても品質の良い物を購入しようとおもっています。ベッドとテーブルは無垢材のモノを探しています。無垢材は、木のぬくもり、自然な温かみがすごくおしゃれなので、絶対にこれと決めています。無垢の家具はすべて一点ものなので、気にいったらすぐに購入したいとおもいです。けっこうな出費になりますが一生に一度の買い物とおもって、ここは少し奮発します。ベッドはダブルにしようかシングルにしようか迷いましたが、シングルを二つ買ってくっつけて使う予定です。新居のコーディネートが今から楽しみです。

無垢材仕様のベッドの特徴

無垢材のベッドの特徴の前にまず、どういう物か知る必要があります。無垢材とは、合板や集成材ではなく、使用する形状の丸太から切り出した木材のことを言います。ひびわれが入りやすいという特徴がありますが、天然木本来の風合いを持っていて、室内の湿度を調整する働きもあります。別名、「正物(しょうもの)」とも呼ばれます。無垢材仕様のベッドの特徴として、3つほどあります。1つ目は、使い古していくと、独特の味わいが出やすくなります。経年変化とも呼ばれます。木本来の味わいを残したいとお考えの方はお勧めです。2つ目は、重厚感があると言うことです。合板など仕様ではないため、木本来の味わい、使い続ける事により重厚感を目で味わうことができます。3つ目は、頑丈と言うことです。継ぎ目がないため、ひびわれがあるもののとても丈夫です。長く、木本来の味わいをと望まれる方にはお勧めと言えます。