無垢材を使ったベッドで安眠

無垢材を使ったすのこのベッドが、最近とても気になります。子供用の二段ベッドの様に、シンプルにすのこが引いてあるタイプは、お布団をその上に敷いてそのまま代用する事も出来ますし、別売りのスプリングを買って、本格的なベッドとしても仕様する事が出来ますから、意外と用途も2wayあって使い勝手が良い様です。何と言っても無垢材ですから、使い始めて間もない頃は、まだ天然木の香りがほのかに感じられて、それが安眠効果をもたらしてくれます。ラベンダーなどに続いて森林の香りも安眠効果が得られるそうなので、とてもうれしい効能です。もちろん使えば使うほど味が出て、愛着が湧いてくるのも醍醐味です。木の色がだんだんあめ色に変わって来て、それと同時につるつると光沢感が出て来ると、やっぱり嬉しくなってきます。二段ベッドには是非無垢材を。

湿気対策におすすめの無垢材すのこベッド

心地良い睡眠のために必要なことは、やはり寝具選びでしょう。例えば、一般的な床板に隙間がないベッドの場合、湿気の抜け道がありませんのでジメジメした感じが残って寝づらいなんてこともあるかもしれません。ですが、すのこベッドのように床板に隙間が空いている場合、湿気を床下に逃してくれるので布団やマットレスを敷いたままにしていてもカビの発生しにくい作りになっています。また、すのこに多く使われる無垢材には、湿気が高いときには湿気を吸収、乾燥しているときには湿気を放出するといった調節効果があり、湿気対策として非常に効果的です。のみならず、無垢材特有の耐久性や重厚感は長年使用するのに最適なものですし、素材によっては防虫抗菌等の効果も見込めます。なにより、天然木の持つぬくもりや清涼感等、寝具としてもインテリアとしても魅力的な選択肢といえるのではないでしょうか。

無垢のベッドを選ぶ理由

インテリアには人それぞれの好みがあります。その中の一つとして家具を無垢で統一するという方法があります。特にベッドなどの大きな家具は無垢でシンプルなデザインの方が部屋も広く見えて一石二鳥になります。他のメリットとしてはもし大きな模様替えを考えている時このカラーであれば大きな主張もしないので他の雰囲気に変えやすいです。色的にもリラックスすることが出来るものなので寝室にぴったりです。ベッドは一度購入すると頻繁に買い替えるものでもありませんのでシンプルであり自分が気に入ったものを選ぶ方がよいです。もし、気に入ったものが見つからなければそれまでは布団で過ごし気に入ったものが見つかるまで待つ価値はあります。買う場所としては雑貨屋やホームセンターで買うよりも家具屋さんで購入した方がしっかりしたものを手に入れることができます。